記憶>長時間かけて頑張るより、気分転換しながらがオススメ

◆長時間かけて頑張るより、気分転換しながらがオススメ

長い時間ダラダラとしていると、集中力も欠けて効率も悪くなってき
ます。
学校の授業で1時間目、2時間目、3時間目と次の授業に入る前に休
息があるように、覚える作業をしているときも、適度に休息を取るほ
うがいいのです。

一時間とか一時間半とかだいたいの時間を決めて、その間は集中し、
10分か15分、気分転換をしましょう。
ただ、ぼーっと休息するより、何か違うことをした方がいいです。
覚える作業と休息のメリハリをつけるのです。

子供の勉強でも、例えば、算数が弱いから特訓しようと思って、ずっ
と同じ科目をするより、合間に、漢字書き取りを入れるとか、別の事
を挟んで、脳の気分転換をした方がはかどります。


<<ここで一息 ( ∩_∩)_旦~~ >>
□■*:;;;:*□■記憶力が協力な武器□■*:;;;:*□■

不況だけど、中学受験を諦めきれない。
そんなご両親の参考になるサイトの紹介です。
⇒⇒⇒ http://www.saita-saitayo.net/

□■*:;;;:*□■*:;;;:*□■*:;;;:*□■*:;;;:*□■*:;;;:*□

同じように、まとめて一気に覚えようって言うのも効率が悪いです。
例えば週末にまとめて覚えるとか。
それよりも、毎日少しずつでも覚えていったほうが、覚えるのも楽だ
し、効率もUPします。

寝溜めが、有効でないように、溜めて覚えるのも有効とは言えないよ
うです。毎日きちんと睡眠を取るほうが、ずっと良いのと同じで、記
憶するのもその方が良いのです。

記憶

トップページ
幼児ってなんでもすぐに覚えてしまうんです
遊びながら出来る子供の記憶力UP作戦
遊びながら出来る子供の記憶力UP作戦の成果
記憶力が伸びた訓練法−我が家の子供の場合
記憶力を上げる方法−子供の場合@
記憶力を上げる方法−子供の場合A
記憶力を上げる方法−子供の場合B
記憶力を上げる方法−子供の場合C−1
記憶力を上げる方法−子供の場合C−2
体で覚えるのも記憶力のひとつ
記憶出来る脳を作っていきましょう
数字を早く記憶する方法−数字に強くなる@
数字を早く記憶する方法−数字に強くなるA
数字を早く記憶する方法−数字に強くなるB
数字を早く記憶する方法−数字置き換えの利用例
記憶するためのウォーミングアップ作戦
記憶するのに効率の良い方法はどれでしょうか
暗記するのに効果的な自分の声
記憶するのに役立つ連想ゲーム?
子供は得意なのに、大人になると不得意な記憶法
長時間かけて頑張るより、気分転換しながらがオススメ
効率良く記憶する方法−整理整頓
図を書いて記憶してみる−以外と頭に入るのです
遊びながら脳をトレーニングして記憶力UP!
道具を使わずに、脳をトレーニング
記憶力UPだけでなく、呆け防止にも脳のトレーニングをしましょう−@
記憶力UPだけでなく、呆け防止にも脳のトレーニングをしましょう−A
記憶力UPの為に、土台の脳をどんどん鍛えておきましょう
記憶力UPをサポートする栄養素
ストレスを溜め込んむのは記憶力UPの大敵
どうせテレビを見るなら記憶力UPトレーニングもしよう
記憶力UPに有効だと言われる、右脳トレーニング−@
記憶力UPに有効だと言われる、右脳トレーニング−A
記憶力UPに有効だと言われる、右脳トレーニング−空想
記憶力の高い人はおしゃべりが多いらしい
二人で仲よく記憶力アップトレーニング−@
二人で仲よく記憶力アップトレーニング−A
二人で仲よく記憶力アップトレーニング−B
記憶力を高めるための方法として、「思い出す」をしよう
耳を鍛えて記憶力UP。聞く力を育てる方法
睡眠をおろそかにすると、努力して記憶した物が水の泡に・・
あなたのお子さんに是非お勧めしたい記憶術−音読
何もしないで記憶力の高い脳を作る事は出来る?
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system